トランクルームとは?使い方やメリット、デメリットを解説

いきなりですが、皆さんはトランクルームを利用したことがありますか?

名前はよく聞くけど使い方がイマイチわからないな〜

部屋のスペースを空けたい方には、トランクルームはとてもオススメなんです。

そこで本記事では、トランクルームとは何ぞや?という疑問から、トランクルームの使い方やメリット、デメリットなど解説していきます。

トランクルームとは?

トランクルームをわかりやすく言うと「貸し倉庫」や「レンタル収納サービス」の事です。
日々の生活でいつの間にか増えていってしまう物、家に置ききれない荷物などが収納できるということで、需要が高まっています。

トランクルームは大きく分けると、「屋内型トランクルーム」と屋外型トランクルーム」に分けられます。
では、一つずつ見てきましょう。

屋内型のトランクルーム

出典:キュラーズ


屋内型トランクルームとは、主にビル内やテナント内に入っている屋内型の収納スペースです。
収納したい荷物を屋内まで自分で運んでトランクルームに収納します。

中には、スタッフが収納物を集荷・配送から収納まで行ってくれる便利な宅配型トランクルーム業者もあります。

屋外型のトランクルーム


屋外型トランクルームとは、その名の通り外に設置されている収納スペースです。家の外にある物置と思ってもらえればわかりやすいと思います。荷物を運んだり、取り出したりは自分で行います。

屋内型トランクルームと違って、空調設備などは基本ありません。中には通気口を設けていて結露などを極力防いでくれるのもありますが。スキーやバーベキューで使う季節用品や、バイクなどを収納するのに適しています。

スポンサーリンク

トランクルームの使い方

トランクルームはこんな方にオススメ
・荷物で部屋のスペースが狭くなっている方
・一時期しか使わない季節用品をしまっておきたい方
・自分がコレクションしている物をしまっておきたい方
・家族に知られたくない物を隠しておきたい方

トランクルームの使い方ですが、大きく分けて2種類あります。これは、レンタルするトランクルーム業者によって変わってきます。

自分で荷物を運ぶ

業者から鍵やカードキーを受け取ったら、収納したい物をトランクルームまで自分で運びます。

利用できる時間帯は現場によって異なりますが、最近では24時間利用できる業者も増えてきています。なので自分の生活スタイルに合わせて自由に運んだり、取り出したりできますね♪

業者に荷物を運んでもらう

こちらは、自分で荷物を運ぶタイプではなく、業者に荷物を運んでもらうタイプです。

段ボールを業者から取り寄せて、そこに収納したい物を詰めこみます。そして業者に集荷依頼をすると、引き取りに来てくれます。中には、段ボール以外の荷物も可能です。

集荷依頼は、パソコンやスマホ、又は電話から行います。業者によっては、当日引き取りに来てもらえるところもあります。

車を持っていない方にオススメのタイプです。

トランクルームのメリット

・家にある荷物を預けて部屋のスペースを広げられる
・短期間でも利用できる

トランクルームを活用するメリットを2つ挙げました。順に見ていきましょう。

家にある荷物を預けて部屋のスペースを広げられる

部屋のスペースを広げられる。なんと言っても、トランクルームの最大のメリットと言えば、コレですね。
今まで荷物で埋まっていたスペースがトランクルームにその荷物を預けることによって、空いたスペースを有効活用できるようになります。

短期間でも利用できる

トランクルームって短期間でも利用できるの?

このような疑問を持っている方もいらっしゃると思いますが、業者によっては1ヶ月からの短期契約も可能です。

短期でのトランクルーム利用を考えている方は上記の記事もご覧ください。

トランクルームのデメリット

・毎月料金が発生する
・トランクルームの場所が遠いと不便

デメリットも2つ挙げました。順に見ていきましょう。

毎月料金が発生する

家を借りたら毎月家賃がかかるように、トランクルームを借りたら毎月料金が発生します。
料金は、屋内・屋外または業者によっても変わってきますが一畳あたりだいたい4,000円〜になります。

短期でレンタルする分には費用はそこまでかさみませんが、年単位の長期レンタルだと場合によっては引っ越しした方が安かったという結果になる時もあります。

ただ月額割引などと言ったキャンペーンを行ってるトランクルーム業者もあるので、うまく活用すれば安く借りる事ができます。

トランクルームの場所が遠いと不便

宅配型トランクルームではあまり感じないかもしれませんが、自分で荷物を運んだり取り出したりする場合は、家からトランクルームまでの距離があると不便と感じてしまいます。

なので、トランクルームを探す場合はなるべく家の近くや職場から家までの間にある物件を選ぶのが良いですね。

まとめ

トランクルームの使い方やメリット、デメリットを解説してきましたがいかがでしたか?
トランクルームと一口に言っても、「屋内型」「屋外型」「宅配型」の3タイプがあることをおわかりいただけたかと思います。

どんな荷物を預けるのか?どれぐらいの期間預けるのか?車は持っているのか?など色々考え、それにあったトランクルームをぜひ選びましょう!

タイトルとURLをコピーしました