Macでスクリーンショットした画像ファイルの拡張子をpngからjpgに変更する方法

スクリーンショットした画像を記事に貼り付ける事が多い私ですが、Macが初期設定のままだとファイル形式が「png」で保存されます。

そこで本記事では、Macでスクリーンショットした画像ファイルの拡張子をpngからjpgに変更する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

pngからjpgに変更する理由

拡張子をpngからjpgに変更する理由は、画像ファイルの容量を軽くする為です

pngはjpgに比べて画質が良いのでその分、容量も大きいのです。すると、ページを読み込むスピードも遅くなってしまい、記事を読んでくれるユーザーに対してストレスを与えてしまいます。

そういう事を避けるためにも、ブログに投稿する画像ファイルの拡張子をjpgに変換して容量を軽くしましょう。

Macでスクショした画像の拡張子をpngからjpgに変更する方法

まずスクリーンショットした画像を見てみると、拡張子がpngになっています。

これをjpgに変更するにはまず、ターミナルを開きます。Windowsでいうコマンドプロンプトと似たようなものです。

メニューバーの右上にある虫メガネを選択して、「terminalもしくはターミナル」と入力してターミナルを開きます。

ターミナルに下記のテキストを入力してリターンキーを押します。

defaults write com.apple.screencapture type jpg

その後、このテキストも入力して、リターンキーを押します。

killall SystemUIServer

すると、次からスクリーンショットした画像は下記のようにjpgに変更されます。

まとめ

Macでスクリーンショットした画像ファイルの拡張子をpngからjpgに変更する方法を紹介しました。
ちなみに変更した後にスクショした画像は全てjpgですが、それ以前にスクショした画像ファイルはpngのままになります。
なので、Macを買っていろいろ設定する時に、スクショファイルの拡張子の変更も合わせて行う事を、特にブロガーの方にはオススメします。

タイトルとURLをコピーしました