LINEの使い方で注意しなければいけない6つの事

LINEを使う上で注意しておかなければいけないことがあります。それは「プライバシー」です。
LINEのメッセージ通知の内容がスマホの画面に表示されていたり、知らない人から友達申請が来ていたり、違う端末からログインしようとした形跡があったりなど。
知らず知らずして、自分のアカウントが流出していたりなどもあり得ます。

本記事ではLINEのプライバシーを守る為にも、LINEの設定を今一度見直しておきましょう。


スポンサーリンク

プライバシー管理からの設定

LINEの設定画面からプライバシーを選択します。

01.パスコードロック

みなさんは、携帯電話にパスワードを設定してロックをしていますか?
LINEのパスコードロックとは、それと同じ原理です。もし、携帯電話を落としてしまったり、紛失してしまってもLINEを開くにはパスコードを入力しないと開けません。
 

02.IDによる友達追加許可設定

このID許可設定ですが、ONにしておくと自分のIDを知ってるユーザーがID検索をすると自分のアカウントが表示されて友達追加申請を行う事ができます。お互い知らない人同士でも、IDさえわかってしまえば友達追加が可能なのです。

逆にOFFにしておくと、ID検索されても相手ユーザーには表示されません。知らない人からの友達追加が嫌な時はこの設定はOFFにしておきましょう。

03.メッセージ許可設定

友達以外からのメッセージを受け取るか受け取らないかを設定できます。


スポンサーリンク

04.Letter Sealing

Letter SealingとはLINEのメッセージ暗号化機能です。どういうことかと言うと、メッセージを受信から送信まで暗号化されているのです。その暗号を解くカギもお互いのユーザーしか知ることができません。

なので、LINEサーバー側でもトークの内容はわからないということです。

元々、LINEのトーク内容はLINEのセキュリティーで保護されていますが、より強度な保護をするためにはLetter SealingをONにしておきましょう。

通知からの設定

LINEの設定画面から通知を選択します。

05.メッセージ通知の内容表示

メッセージ通知の内容表示をONにしていると、LINEが来た時、画面に内容が表示された状態で通知が来ます。気にしない方は気にしませんが、内容を表示したくないという方は通知の内容表示をOFFにしておきましょう。

アカウントからの設定

LINEの設定画面からアカウントを選択します。

06.ログイン許可をOFF

ごくまれに、他のデバイスからログインしようとしてくる輩がいます。
私が経験したのはパソコンからログインされそうになったという件です。

そういうのを事前に防ぐ為に、「ログイン許可はOFF」にしておきましょう。OFFにすることによってPC版、iPad版のLINEへのログインを防ぐことができます。


スポンサーリンク

以上!「LINEの使い方で注意しなければいけない6つの事」でした。

LINELINE

Posted by koba