WordPressおすすめプラグイン7選【インストール必須!】

WordPressでサイトを運営していく中で便利なツールがあります。そのツールとは「WordPressプラグイン」です。

便利なツールゆえ、プラグインをあれもこれもとインストールしてしまいがちですが、それはかえって逆効果です。プラグイン同士の
相性が悪かったり、メンテナンスが大変になったり、入れすぎの結果サイトの速度が遅くなったりします。

本記事では、個人的に使ってる超おすすめのプラグインを7つ紹介していきます。

スポンサーリンク

01.AdSense Integration WP QUADS

AdSense Integration WP QUADSは好きな位置にショートコードを貼って、簡単にアドセンスをサイトや記事内に設置できるプラグインです。

AdSense Plugin WP QUADS

プラグインを有効化した後、アドセンスコードをショートコードに変換する初期設定が必要になります。アドセンスコードを取得しておきましょう。

02.Classic Editor

WordPress5.0にバージョンアップすると、今まで使っていたエディタが「Gutenberg」という新エディタに書き換えられてしまいます。
私も経験しましたが、新エディタは個人的にとても使いにくかったのです。

そこで「Classic Editor」というプラグインを導入しておけば、以前のエディタをそのまま使う事ができるので大変便利です。

Classic Editor

03.Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsはサイトマップを自動で作成、送信をしてくれるプラグインです。

そしてGoogle Search Consoleからクローラーにサイトの存在や投稿記事を知らせてくれます。

Google XML Sitemaps

 

記事更新した後はSearch Consoleからインデックス登録することを忘れずに!

スポンサーリンク

04.EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは画像ファイルのサイズを圧縮してくれるプラグインです。しかも圧縮しても画質は変わりません。

画像ファイルのサイズと記事のページ読み込みスピードは密接に関連しています。
画像ファイルのサイズが大きいと、それだけ記事の読み込みスピードが遅くなります。逆に画像ファイルが小さいと記事の読み込みスピードは速くなります。

さらに既にアップロードしている画像もワンクリックで画像ファイルのサイズを圧縮してくれますので、非常に便利です。

EWWW Image Optimizer

05.TablePress

TablePressは簡単に表が作成できるプラグインです。HTMLやCSSを編集しなくてもテーブル(表)を作成できるところが良いですね。

例1例2例3
ace
bdf

このような表を作ることができます。ショートコードの貼る位置によって表の位置も自由に変える事ができます。
 

上記ではTablePressのプラグインを使って表の作成方法を紹介しています。

TablePress

06.Contact Form 7

Contact Form 7はお問い合わせフォームを簡単に作成できるプラグインです。

設定画面ではデフォルトで、お名前・メールアドレス・題名・メッセージ本文・送信ボタンが含まれています。

これをそのまま使ってもいいですし、フォームを編集することもできます。

Contact Form 7

お問い合わせフォームはGoogleアドセンスの審査基準では必須ではないですが、念のために審査対策としてサイトに設定しておきましょう。

07.WP-Optimize

WP-Optimizeはデータベースの最適化を行ってくれるプラグインです。

WordPressをずっと運営していると、データベースに余分なデータが徐々に増えていきます、そして溜まっていきます。その結果サイトが重くなりページの読み込み時間も遅くなる原因になります。

それを防ぐために、定期的にデータベースの最適化を行って容量を減らしていきましょう。

WP-Optimize

まとめ

「WordPressおすすめプラグイン7選【インストール必須!】」を紹介しましたが、いかがでしたか?

プラグインを使えば、WordPressを運営していく上でより一層できることが増えます。しかし、何度も言いますがプラグインのいれすぎはオススメしません。

インストールする前に本当にこのプラグインが自分にとって必要なのか再度確認しましょう。

そして本当に必要なプラグインを厳選して入れていきましょう。

スポンサーリンク