作業効率一気にアップ!超便利なよく使うショートカットキー

パソコンで作業する時にショートカットキーはとても便利な働きをしてくれます。
ショートカットキーを覚えると、作業効率がグーンと上がります。覚えて損はないです。むしろメリットだらけです。

通常マウスで操作しなければいけないのが、キーボードだけで操作ができてしまうのですから。
ということで、今回はWindowsのパソコンで覚えておくと超便利なよく使うショートカットキーを紹介していきます。

スポンサーリンク

Ctrlキーで始まるショートカットキー

・Ctrl+A
文章全体を選択したい場合、「Ctrl+A」で一発選択できます。わざわざマウスで選択する必要がありません。

・Ctrl+C
範囲を選択して「Ctrl+C」でコピーができます。

・Ctrl+X
範囲を選択して「Ctrl+X」で切り取りができます。

・Ctrl+V
コピーしたもの、又は切り取ったものを「Ctrl+V」でペースト(貼りつけ)できます。

・Ctrl+P
「Ctrl+P」で印刷画面が開きます。

・Ctrl+Z
例えば、間違えて入力してた文字を消してしまった!という時に「Ctrl+Z」で一つ前の状態に戻ることができます。

・Ctrl+Y
一つ前の状態に戻したけれど、やっぱりそれより前の物に戻したいという時に「Ctrl+Y」でやり直しができます。

・Ctrl+S
ファイルを保存したい時に「Ctrl+S」で上書き保存できます。

・Ctrl+T
新しいタブを開くことができます。

・Ctrl+N
新しいウィンドウを開くことができます。

・Ctrl+マウスのローラー

文字が小さくて読めない時などに「Ctrl+マウスのローラー」で拡大ができます。ちなみに逆に縮小することもできます。

キーボード上部のF数字キーで始まるショートカットキー

文章作成時によく使います。

・F6
文章、単語をひらがなに変換します。

・F7
文章、単語を全角カタカナに変換します。

・F8
文章、単語を半角カタカナに変換します。

・F9
文章、単語を全角ローマ字に変換します。

・F10
文章、単語を半角ローマ字に変換します。

まとめ

ショートカットキーは覚えるまでが少し大変かもしれませんが、覚えてしまうと作業効率が全然違います。
コピー、ペースト、カタカナ変換などよく使う所から覚えていくのが良いと思います。実際私もそういうよく使う所から覚えていきました。

以上、「作業効率一気にアップ!超便利なよく使うショートカットキー」でした。

スポンサーリンク