インフルエンザにかかって改めてわかった気を付けるべきこと

つい先日「インフルエンザA型」にかかりました。
その日は朝起きた時から異変がありました。

・喉の調子が悪い
・咳が出る
・関節痛
・体が少しだるい

マスクをして職場にいきました。ただ職場で熱が8度8分まで上がり仕事どころじゃなくなって帰りました。
丁度その日は祝日で、次の日に病院で検査をしました。すると速攻でインフルエンザA型と判明しました。

ということで今回はインフルエンザにかかって改めてわかった気を付けるべきことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

予防接種はする

間違えてはいけないのが、予防接種をしてもインフルエンザにかかる時はあります。現に私もインフルの予防接種は受けていました。にもかかわらずインフルになりました。

ただ、私は「予防接種しといて本当によかった」と思いました。もししていなかったら、インフル症状はもっとひどかったと思います。熱も39度超えていたと思います。

マスクをする

特に人込みの中はマスク必需品です。
インフルエンザの感染経路に飛沫感染があります。マスクをすることによって、外からインフルエンザウイルスが入るのをマスクが食い止めてくれます。

ちなみにインフルにかかってしまった場合でも、ほかの人にうつさないためにマスクをすることを大事です。

家に帰ったら手洗い・うがいをする

これが意外と忘れがちです。
子供の頃は帰ったらキチンとやっていた手洗いうがいやってたのになー(笑)

以上 3点です。

スポンサーリンク