自分の体臭(ニオイ)は意外と気づきにくい。自分の体臭を確認、そして改善する方法を紹介

こんにちは、りょうです。

早速ですが、あなたは匂いについて敏感ですか?私はそこまで敏感ではありません。ただ相手の匂いはわかります。
例えば、誰かとすれちがった時に感じる匂い。部屋に入った時に感じる「あ。だれかいたな」という匂い。知人宅に行った時に感じる匂い。などなど

しかし意外と自分の体臭については気づきにくいのです。本当に気づきにくい。たぶん自分の匂いに慣れてしまっているからだと思います。だけどその気づきにくさが知らず知らず相手に不快感をもたらしているという可能性があります。

スポンサーリンク

自分の体臭を確認してみよう

まずは自分の体臭がどんなニオイなのかを自分に気づかせるためにも、体臭チェックはしておくのが良いですね。

自分が来てた服の匂いを嗅ぐ

服と言っても、一番わかりやすいのが「シャツ」だと思います。例えば、着替える時やお風呂に入る時にシャツを脱ぎますよね?
その脱いだシャツの匂いを嗅いでみるのです。

自分の枕の匂いを嗅ぐ

ちなみに洗ったばかりの枕だと意味がありません。何日間か使用した枕が良いですね。朝起きた時や寝る前、嗅いでみてください。自分の頭がどんなニオイなのかわかると思います。

耳の後ろの匂いを嗅ぐ

どうやって嗅ぐのかというと、ティッシュなどを使ってただ耳裏をこするだけです。

自分の体臭を改善させる方法を考える

自分の体臭をチェックしてみていかがでしたか?良い匂いでした?それとも臭かったですか?もし臭いならこれは改善する必要があります。

毎日お風呂かシャワーを入る

一日の体の汚れ、匂い、皮脂などをこれでとりましょう。お風呂に入るのがめんどくさい場合はせめてシャワーをしましょう。
ただし、風邪などをひいて体調が悪い場合は無理しないでください。

体を丁寧に洗う

ちゃちゃちゃと洗って、それで洗った気になっていませんか?意外と洗ってない箇所とかありませんか?背中などの手のとどきにくいところや耳の後ろ、うなじ、足の指の間など。
洗う時は今一度意識して洗ってみましょう。

肉は食べ過ぎない

決して肉を食べるなということではありません。食べ過ぎるのが問題です。なぜなら肉をとりすぎると、体臭がキツくなるということがあります。その原因のひとつにタンパク質があります。
タンパク質は分解されるとアンモニアが発生します。このアンモニアですが肝臓の機能が弱まっている時、血中に流れて汗や口臭となって放たれるのです。

半渇きの服を着ない

これは非常にもったいないです。体臭なのか半渇きの服を着たことによって臭いのか。まあどっちにしろ臭いで片付けられてしまいます。
半渇きの服なんて着ないだろうと思ってる方がもしかしたらいるかと思いますが、たまにいるんです。
私にはあまり理解できませんが。だっておそらく来てて自分でも臭いってさすがにわかると思うからです。

こまめに汗を拭く

汗っかきの人も、汗っかきではない人も注目です。汗をかいてそのままにしておくとやがて、その汗から異臭が放たれます。
理由は汗の中で雑菌が繁殖するからです。
なので、汗をかいたら放置しないで、汗を拭きとりましょう。

制汗剤を使う

制汗剤といっても、数が多いです。スプレータイプやクリームタイプ、ほかにはシートタイプなどがあります。
使う時は、汗をかく前に使うと効果的です。もし汗をかいてしまった後に使いたいとなった場合は汗を拭いてから使うといいでしょう。
ただ使いすぎてしまうと返って逆効果になってしまう場合もありますのでご注意ください。

まとめ

自分の体臭を確認、そして改善する方法を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
やはり普段から意識してないと自分の体臭というのは気づきにくいものです。
ちなみにもし周りの知り合いに臭い人がいた場合、その人に教えてあげてください。で、なければその人はそのまま自分の匂いに気づかないかもしれません。自分の匂いは意識しないと気づきにくいものなので。

スポンサーリンク

生活体臭

Posted by koba