softbankからMNP予約番号を取得する方法を詳しく紹介!

softbankをご利用中の方々、そうでない方々、こんにちは。元某softbankショップで働いていたりょうです。
softbankショップを辞めても使っている携帯電話はsoftbankのiphone7、128GBです。最近電池の減りが早くて困っています。

ということで、今回はsoftbankから他社へ乗り換えする時に必要になるMNP予約番号の取得方法を紹介致します。
乗り換えを検討されている方、参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

MNP予約番号を取得する2つの方法

softbankから他社に乗り換えする時に必要なMNP予約番号ですが、取得方法は2通りあります。

電話で予約番号を取得する方法

ソフトバンク携帯電話からの場合は「 *5533」
固定電話の場合は「 0800-100-5533(無料)」

ガイダンスが流れますので、そのガイダンスにそって番号を押してください。暗証番号を求められた際、わからなければそのままにしているか、もしくは何回か間違えた場合自動的にオペレーターに繋がりますので、心配しなくても大丈夫です。
時間帯は「 午前9時から午後8時」の間です。

店頭で予約番号を取得する方法

softbankショップに行って、MNP予約番号の手続きを行います。その手続きの時、スタッフから「切断型、維持型」について聞かれる事があります。
「維持型」とは予約番号を発行しても、そのまま今の携帯が使える状態のことを言います。

「切断型」とは予約番号を発行した時点で今の携帯が使えなくなる状態のことを言います。要するに解約と考えていただいていいでしょう。

万が一のことを考えて、店頭で予約番号を発行する時は「維持型」にしてほしいとスタッフに伝えましょう。

予約番号を取得する上での大切な事

予約番号には有効期限があります。それは15日間です。なのでその15日の間に他社に乗り換えをしなければなりません。もし15日過ぎた場合はもう一度、予約番号を取り直さないといけません。

また予約番号を取得する際、「転出手数料」と「解約手数料」が発生します。
現在2017年11月時点で転出手数料は約3,000円(税別)もしくは、5,000円(税別)、解約手数料は約10,000円です。

しかし解約手数料についてはちょうど更新月の場合だったら発生しません。
この手数料達は他社へ乗り換えが完了した場合にかかりますので、乗り換えをしなかった場合はかかりません。

ただ、プリペイドケータイからの乗り換えならば、予約番号を発行する時にそのsoftbankショップで手数料を払わないといけません。ここが注意点です。
支払った後、「やっぱり乗り換えしなかった」となった時はその予約番号を取得した店に行けば、返金はしてくれます。その際、予約番号を取得した時の書類は持っていくようにしましょう。

まとめ

softbankからMNP予約番号を取得する方法を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
この予約番号ですが、乗り換えする転入先でも実は取得する事ができるのですが電話が繋がらなかったりとか、時間がけっこうかかる場合があるので、あらかじめ取得してから乗り換えするのをオススメします。

スポンサーリンク