ソレダメ!老けない身体SPで紹介された食習慣まとめ6選

11月8日にテレビでやってた「ソレダメ!老けない身体SP」の中で6つの食習慣についてピックアップされていました。

そこで解説してくれていたのが森由香子さんという管理栄養士さんでした。
ちなみに老けない人は何を食べているのか (青春新書プレイブックス)という本がベストセラーになってます。

そこで今回は備忘録の為にも、この6つの食習慣をチェックしておきたいと思います。

スポンサーリンク

6つの食習慣を1つずつチェック

常に若々しくありたいと思うのは私だけでしょうか?

若々しさを保つためなら例え火の中、水の中、草の中、森の中~・・・とまではいきませんが、いろいろな情報はチェックしておきたいですよね。

「今まで自分が思い込んでたのは違っていたんだ!」という新たな発見、気づきもあるかもしれません。

それでは見ていきましょう。

1.薄毛予防の為に鶏レバーを食べるのはアリ?ナシ?

ナシ!です。

例えば、鶏レバー串1本にはビタミンaが約4200㎍含まれています。
ちなみに成人男性(30~49歳)のビタミンaの摂取推奨量は1日当たり、900㎍です。

となると鶏レバー串1本食べてしまうと、摂取推奨量を大幅に超えてしまうことになります。
しかも過剰にとるとかえって逆効果になってしまいますので注意が必要です。
(毎日とると、逆効果になってしまいますよということで1日くらいなら大丈夫とのことでした。)

2.美容の為にナッツやドライフルーツをよく食べるのはアリ?ナシ?

ナシ!です。

これはびっくりしました。私自身良いと思ってました。
見てみますと、ナッツ関係は栄養価が高く、カロリーも高いです。
よって食べ過ぎはよくないとのことです。

2.3粒ほどの適量摂取で良いみたいです。 でももっと食べたくなっちゃいますよね(笑)

3.美肌の為にコラーゲンを意識するのはアリ?ナシ?

ナシ!です。

コラーゲンは肌に良いみたいな話をたまに聞きますが、そうでもないみたいです。

コラーゲンを意識して食べても、結果アミノ酸に分解されてしまいます。

なので、そこまで効果はないみたいです。

4.甘いものを食後に摂るのはアリ?ナシ?

アリ!です。

それは血糖値を抑えられるからです。

逆に空腹の状態でいきなり甘いものを食べてしまうとブドウ糖が急激に増え、血糖値が上昇してしまいます。
それを下げるためにインシュリンが分泌されます。

このインシュリンですが、血糖値を下げるという役割のほかに中性脂肪をつくるという役割ももっています。

なので、血糖値を抑えるためにも甘いものは食後のデザートとして取っておきましょう。

5.若い肌を保つためにいつも決まったものを食べるのはアリ?ナシ?

ナシ!です。

肌は季節によって異なるらしいです。
よって季節に応じて食べ物も意識するのが大事なのです。

例えば今はもう肌寒い冬の季節です。
この冬の季節はビタミンEが豊富な食品を摂るのが良いらしいです。

~ビタミンEが豊富な食べ物~

カキ、銀ダラ、ブロッコリー、かぼちゃ、うに、とうがらし、はなち(生)、いくら、たらこetc

6.美肌の為にオススメのフルーツは?

最後の6点目は美肌に良いとされるフルーツの紹介でした。

単刀直入に言います。「キウイ」です。

キウイにはビタミンA,C,Eが豊富に含まれているので美肌効果があるとのことでした。

スポンサーリンク

テレビ

Posted by koba