メガネをかけて目が疲れたらすぐさまメガネ屋へ行くことが大事だということ

普段何気なくかけているメガネだけど、フィッティングが合わないメガネだとこれほどまでに目が疲れるとは思わなかったという話です。

スポンサーリンク

事の発端はメガネを踏んでしまったこと

私はよくメガネを床に置く癖があります。昨日の夜もメガネを外して床に置いていました。ただここの位置にメガネを置いたということを覚えていればいいのですが、時間がたつと忘れてしまうんですよね。そのまま横になろうとしたら背中の下にはメガネが・・・。100%はいかないものの、70%ぐらい横になって気づきあわてて起き上がり、メガネをチェック!

案の定、曲がってます。そしてヨロイの部分がゆるくなっています。かけてみると、曲がってますがかけられないことはなかったのです。またその日はもう夜であとは寝るだけだったので、メガネはテーブルの上においてそのままにしておきました。

次の日、そのメガネで職場に向かう

かけはじめたすぐはあまり感じなかったのですが、かけて何時間も仕事をしてると、頭痛と片目の疲れが徐々に増していきました。絶対メガネが曲がっているからだとすぐわかりました。次の休みにメガネ屋に行こうと決めました。
ただ!ただ!夕方ぐらいになってくるともう片目が疲れて疲れてどうしようもなかったので仕事帰りに直でメガネ屋に行くしかない!と思いました。そして仕事を少し早めに終わらせて急いでメガネ屋に行って調整してもらいました。

ちなみに富士メガネで購入したメガネだったので、富士メガネに行きました。(購入した店舗とは別の富士メガネの店舗でした。)

スタッフさんにメガネを見せて直してもらいました。ネジが微妙に曲がってるのをスタッフさんに見せていただきました。そして約10分後メガネは直りました。目にきちんとフィットしています。スタッフさんありがとうございました!フィットしてるので、もう頭痛と目の疲れはなくなりました。本当によかった!さらにお金もかからなくてよかった!

学んだこと

・床にメガネを置くのは危険。

・メガネがフィットしていないと頭痛や目の疲れ、痛みが伴ってくるので早い段階でメガネ屋に行くべし。

スポンサーリンク