車、運転中の眠気対策を紹介!

車に乗っている時、眠くなった経験はありませんか?助手席や後頭部座席に乗っている時であれば、別に何の心配もいりませんが、自分が運転している時にそのような状態になったら非常に危険です。
ということで今回はそのような眠気が襲ってきた場合にはどうすればいいのか、対策を紹介します。

スポンサーリンク

なぜ車に乗ってると眠くなるの?

車の運転というものは慣れてくると単純作業なのです。この単純作業こそが眠気を引き起こす原因の一つなのです。さらには車の中というものは窓を開けない限り、密閉されていて適度に暖かいし、二酸化炭素も増えてきます。こういったのも眠気を引き起こす原因なのです。後はその人のその日の体調とか寝不足とかにもよりますが・・・

眠気対策はコレだ!

今まで私が試した眠気対策です。それではどうぞ。

窓を開けて換気をする

窓を開けることによって空気の入れ替え、そして外の寒い空気が車の中に入ってくるのでそれがちょっとした刺激となります。窓はすぐには閉めないで、開けときましょう。そして眠気がさめたなってなったら窓を閉めましょう。

音楽を聴く

やはり聞くなら自分の好きなジャンル、歌手、バンドの曲を聴きます。少音量で聞くより大音量で聞く方がテンションが上がるし、頭にドーーーン!と効きます。

少し仮眠をとる

めちゃくちゃ眠い時は無理せず、車を停めて寝ましょう。少し仮眠するだけでだいぶ眠気が取れます。また新たな気持ちで運転できます。なーに、目的地に着くのが少しくらい遅くなったっていいじゃないですか。

車の外にいったん出る

車を停めて一回外に出てみてください。そして外の空気を直に味わってみてください。高確率で目がさめます。

まとめ

車の運転中、眠気がきたらぜひこれらを試してみてください。そして眠気に打ち勝ってください。

スポンサーリンク

Posted by koba