ビル・ゲイツは自分の子供が14歳になるまで携帯電話を持たせなかったらしい

引用元:http://karapaia.com/archives/52237854.html

ビル・ゲイツとはマイクロソフト創業者であり、世界一の大富豪で有名です。そんなビル・ゲイツですが、自分の子供には携帯電話を14歳になるまで持たせなかったらしいのです。
ビル・ゲイツは自分の子どもが14歳になるまで携帯電話を与えなかった。ゲイツ流子育てという記事がありました。

スポンサーリンク

ゲイツ夫妻にはジェニファー(20歳)、ロリー(17歳)、フィービー(14歳)の3人の子供たちがいる。デジタル世代へいたる技術革新の中心人物でありながら、皮肉なことに彼自身は子供には制限が必要だと考えているのだとか。

ちなみに14歳っていったら中学1年か中学2年ぐらいですかね?それでも少し早いような気もしますが、今はもう小学生でもスマホとか持ってますもんね。私が、中学の時なんてクラスで携帯持ってる人って言ったら一人や二人ぐらいしかいませんでした。まあ時代が時代って言われればそれまでですけどね(笑)

ちなみに私が携帯を持ったのが、高校一年生の時でしたね。その頃はまだスマホがなくソフトバンクもまだボーダフォンの時代でした。持ち初めの頃はそれはもうメールをしまくってました。一日100通メールを送信するレベルでした。今考えたら凄いですね。(笑)

莫大な富を有していながらも、ゲイツ夫妻は子育てについてはできる限り普通のやり方で行うつもり

莫大な富を所有しているからと言って、子供がほしいものなんでもかんでも買い与えたり、子供に裕福な生活をさせすぎてしまうと子供がだんだん大きくなった時に子供はそれが当たり前と思ってしまいますからね。
なので私はビル・ゲイツのこの考えには賛成です。

スポンサーリンク