写真売買が簡単にできるアプリ、「Snapmart」を使ってみた

mk

スマホの写真を誰でも販売-スナップマート(Snapmart)

スマホの写真を誰でも販売-スナップマート(Snapmart)
開発元:Miho Eto
無料
posted with アプリーチ

「Snapmart」というiphone、ipad、ipod touchから写真投稿販売ができるアプリをインストールしてみました。

これでちょっとしたお小遣いが稼げればいいなと思っています(笑)

スポンサーリンク

Snapmartとは?

撮影した写真、フォルダーの中に眠っている写真などをスマホから出品して売買できるサービスです。パソコンではなく、スマホから簡単に操作できるところが良いところですね。(当然出品にはお金がかかりません。)

販売価格はというと、100円です。そして売れればその価格の50%が自分の取り分となります。ただこの売買価格は「本人確認」が済めば、決められた価格の範囲から自由に変更が可能です。ちなみに私は本人確認をしています。した方がいろいろとメリットが大きそうなので。

Snapmart利用の流れ

・アプリインストール→facebookアカウント、twitterアカウントもしくはメールアドレスで登録→設定(プロフィール、振込先口座、連絡先)→本人確認→カメラロールから写真UP→ダグや位置情報などを設定→OK

・プロフィール、連絡先は設定してもしなくてもOKです。
・位置情報については個人情報に繋がるので、注意しましょう。
・画像に人物が写っている場合はその人の許可を取りましょう。

一枚投稿してみた

まあそんなすぐ成果はでないですよね(笑)ただこれから何枚もUPしていきたいと考えてます。UPしていくうちにコツとかもつかめてくるのではないですかね?

スポンサーリンク