副業はするべき!私が副業を推奨する理由

saya072160333_tp_v

単刀直入に私は副業を推奨しています。というのも、本業だけの収入だけで食べていくというのが、怖いからです。もし、なんらかの理由で仕事をやめざるをえなくなった場合、今まで当たり前に貰えていた収入が0になるのです。これは考えれば、考えるほど怖くなってきます。ただ本業のほかに副業をしていれば、たとえ本業がなくなったとしても、副業のほうの収入があります。リスクを軽減することができます。

スポンサーリンク

副業をする理由

私も、もちろん副業をしています。このブログがそうです。ただまだまだ全然稼げていません。ブログで稼ぐって本当難しいんだなと改めて実感します。
そもそも私がなぜ副業を始めようと思ったかというと、単純にお金がほしかったからです。お金というものはあればある分、心に余裕ができます。

副業で稼ぎまくったら確定申告をしなければならない

気になるのが、副業が会社にばれるか、ばれないかってことですよね。今働いているところが副業禁止なところであれば、ばれたら一発アウトです。
本業以外の副業の合計所得が年に20万円を超えた場合、確定申告をしなければなりません。
逆に20万円を超えていなければ申告する必要はありません。

申告する場合、よくネットなどでかかれているのが、「住民税の徴収方法を自分で納付」を選択するということです。そして自分で納めていれば、会社に副業分に対しての住民税が通知されないということになるのです。

ただ自分で納付にチェックをいれていたとしても市区町村により職場に連絡がいく事があるそうです。なので、副業禁止で副業していることが職場に気づかれたくないという人は、係の人に相談したほうがいいかもしれないですね。

いろいろな副業がある

■アフィリエイト・・・自分のサイトやブログに広告を貼り、ユーザーがその広告をクリックしたり、その広告経由でユーザーが商品を購入したりすることで報酬を得るビジネス

■せどり・・・中古屋などで安く仕入れた商品を高く売って利益を得るというビジネス

■フリマ・・・メルカリとかで有名ですね。せどりと少し似ているところがあります。商品を安く仕入れ、高く売ったり、自分が使わなくなった商品や、ハンドメイド作品など売ったりして利益を得るビジネス

■アルバイト・・・これはそのままですね(笑)本業以外の空いている時間を利用してアルバイトをして収入を得るビジネス

■クラウドソーシング・・・ランサーズやクラウドワークスなどが挙げられます。ネット上で仕事の発注、受注のやりとりができるのです。ランサーズは私も何度か利用したことがあります。

というように副業にもいろいろあります。自分に合う副業を選ぶのがいいですね!

まとめ

副業する理由は人それぞれかもしれませんが、収入源を複数に分けることは大切です!そして自分に合った副業を選ぶ事によって長く続けられます。

スポンサーリンク