ソーシャルアパートメントのメリット、デメリットをソーシャルアパートメントに実際に住んでる知り合いに聞いてみた

AXIS85_italymm14044243_TP_V

とある知り合いがソーシャルアパートメントに住んでいるんですが、みなさんはソーシャルアパートメントって知ってますか?私はここ最近その言葉を知りました。まあシェアハウスと似てる部分があります。

シェアハウスはアパートのように何人かで住み、部屋以外の風呂やキッチンやトイレを共有で使うという生活スタイルです。食器類や家電製品は、備品として用意されているので、引越しをする際にも身軽で済みます。ただし、シェアハウスによっては、隣の部屋の音が聞こえやすかったり、人間関係の距離が近すぎたりと、気になる部分も出てきます。特に、キッチンは共有なので、ゆっくり一人で過ごしたい気分の時に、他の住民と会ってしまうという事もあるのです。
こういったストレスが少ないのが、ソーシャルアパートメントなのです。

ということで、今回はその知り合いにソーシャルアパートメントのメリットとデメリットを聞いてみました。

スポンサーリンク

ソーシャルアパートメントのメリット

シェアハウスと大きく違うのはプライベートがしっかり守られているという点です。物件によって違いはあるそうですが、部屋にトイレとお風呂が付いています。さらに、ミニキッチンも備えている場合もあります。そのため、仕事などで疲れて、今日は誰とも会いたくないという時でも、一人の時間を過ごせます。

逆に、誰かと情報を共有したり、話をしたくなった時は、住民が集えるラウンジがあるので、ここで交流すると良いです。ソーシャルアパートメントは、地域によって差はありますが、色々な人が集まっています。外国人の方や、起業家や会社員など、幅広く人脈を得られるチャンスもあります。
このように、自分の気分に合わせて、生活できるのがソーシャルアパートメントのメリットになります。

ソーシャルアパートメントのデメリット

普通の物件に比べて、少し予算が高いという点です。ほとんどの所が、シェアハウスと違って、ホテルや大きめのアパートを改装しています。

それに、主要な路線にアクセスが良かったり、都心部に近いと、部屋代も上がってきます。家賃に、光熱費やインターネット代、水道料金が含まれている場合が多く、一度に支払う料金が高めになっています。
一人暮らしであれば、光熱費や水道代を節約できますが、ソーシャルアパートメントは、固定費になっています。このように節約ができない事と、通常の一人暮らしと比べて、1ヵ月にかかる料金が高めになるという点がデメリットになります。

ソーシャルアパートメントに住んでる知り合いから一言

住みたい土地や引越し先にソーシャルアパートメントがあったら、一度、見学会に参加する事をお勧めします。もしも、雰囲気と予算が合えば、通常の暮らしでは得られない経験が出来ます。様々な人脈と繋がるチャンスもあります。プライベートな空間を確保しつつ、他の住民と共有する時間も楽しめるのがソーシャルアパートメントなのです。

スポンサーリンク