Softbankのスマホファミリー割引で注意しなければいけない点

gori0I9A2957072095812_TP_V

いきなりですが、Softbankのスマホファミリー割引という契約を知っているでしょうか?
これは「旧スマホから新スマホ(4G)に機種変更をした場合、それまでに利用していた旧スマホにも新しいUSIMカードを発行することで2年間月々500円~で利用できます。」という内容のものです。ただこのスマホファミリー割引は2015年9月末で新規受け付けをSoftbank自体で停止していますが、すでに契約済みの方も数多くいると思います。
改めてこの契約のいろいろな注意点を紹介します。

スポンサーリンク

本当に500円から利用できるの?

結論からいうと「はい、できます。」ただ電話をしたり、モバイルデーター通信をオフにしないでインターネットをしてしまうと通信料金が発生してしまいますので、金額はどんどん上がっていきます。ですから基本電話はあまりしない、それと使う前にモバイルデータ通信をオフにすること、そしてwifiを通してインターネットをすれば、通信料金は発生しないので結果500円で利用ができます。

2年後はどうなるの?

2年間の間は基本使用料が無料なのですが、2年を過ぎたらこの基本使用料が復活してしまうのです。なのでキチンと更新月を把握しつつ2年たったら解約されることをオススメします。ちなみに更新月以外に解約してしまうと約1万円の違約金が発生してしまいますので・・・ぜひ更新月に

メイン回線あってのサブ回線ということを忘れないで!

メイン回線は新スマホ(機種変更後)、サブ回線は旧スマホ(スマホファミリー割引適用)。つまりこのメイン回線とサブ回線は紐づけされているのです。なのでもしメイン回線を先に解約や他社に乗り換えしてしまうと、サブ回線はスマホファミリー割引を適用できなくなるので通常料金が発生してしまうのです。なんと恐ろしい。ですからメイン回線の解約や乗り換えをする場合はまず、このサブ回線を先に解約してから行うと良いでしょう。ただこれも更新月じゃないと違約金が発生してしまいますが。

まとめ

ざっとおさらいしますと、モバイルデータ通信をオフにしてwifi環境で楽しむこと、2年経つと基本使用料が復活するので、1回目の更新月に解約をすること、メイン回線を解約や乗り換えをする場合は先にサブ回線を解約すること、この3点をよく注意していただけたらと思います。

スポンサーリンク