学資保険の選び方のコツ

150809330849_TP_V

学資保険を選ぶのに大切な事は、必要な時期に必要なお金が貰えるかという事が一番大切になります。学資保険とは、教育費など子供に掛かる資金を貯金の代わりに預かり契約満了した時に給付金として支払われるものです。

子供一人当たりにかかる教育費は、1000万円ともいわれています。もちろん、どんな進路を選ぶかによって金額は変わりますが、将来子供がどんな道を選びたがるかは未知数です!そして、貯金も毎月きちんとできれば良いのですが、子供が大きくなるまで毎月継続していくのは中々難しいものです。そこで、貯蓄性の高い学資保険を選ぶ事で教育資金を貯めるという目的があります。

スポンサーリンク

学資保険の保険金の給付の違い

満期の時期が18歳という保険が多いのですが、要は大学に入学する年であり誕生月や満期の時期によっては入学するときに支払う入学金を保険で賄いたい場合は給付が間に合わない事もあります。そのため、大学入学時に使用したい場合は、満期を17歳にしておくなどの方法が必要です。

高校までの学費は生活費の中で賄うというのが一般的ですが、保険によっては、中学、高校入学時にお祝い金として一部支払われるものもあるので個々の家庭の経済状況で選ぶ保険を変えましょう。

おすすめの学資保険

各家庭の経済状態によって様々なのですが、一般的にお勧めの学資保険はやはり返戻率が高いものでしょう。学資保険というのは、その性質上,元本割れしない事が大前提なのですが保険によっては、医療保障がオプションで付いていたりするものがあります。大変便利ですがその分利率は下がります。高返戻率を求めるのであればシンプルに学資保険だけに絞られたものがおすすめです。

月々の保険料を決める

学資保険は、貯金などと違い支払っている保険料がすぐにおろせるものではありません。保険商品なので、もしも途中で支払う事が困難になった場合に途中で解約する事になると大幅に元本割れする事になります。入って年数が短いほど元本割れの金額が大きくなります。

しかし、途中払い戻し率が100%を超えるとその後は、上がり続け契約満了時には返戻率がかなり上がり通常に預金している時よりお得という事になります。ただし、市場の金利が上がった場合でも金利の推移は変わらないのでその時は、あまりメリットが無い様に感じてしまいます。
学資保険は貯蓄性もさることながら契約者が亡くなった場合その後の保険料の支払いが免除になったりするものもありますので、各家庭の状況で支払いがずっと続いても困難にならない金額を設定しておきましょう。

まとめ

学資保険の選び方は、本当に様々なのですが、一般的にお勧めの方法をまとめます。

保障型よりも貯蓄型を選択する

貯蓄型は、最低限の保障である払い込み免除のみが付いているものですが、返戻率が高く支払った合計の金額よりも満期額資金の金額が多くなります。
保障型は、親の死亡保障がプラスされたサービスですが、別で医療保険や死亡保険を手厚くした方が得策です。

大学進学を考えるならば17歳満期にすると何かと安心です

最近は、AO入試や推薦入試によって大学に合格すると通常よりも支払うものが早くなることがあります。そんな時にも、17歳満期でしたらどんなに誕生日が早い子でも間に合います。ただし、その後大学生活4年間の支払いも心配というご家庭は分割で受け取れるタイプがおすすめです。

スポンサーリンク