スポンサーリンク

定期貯金のメリット、デメリットと活用の仕方とは

YUKI_kodomookane15144623_TP_V

貯金って簡単そうに見えて実は難しいのです。特にいろいろな欲求がある人にとっては。ということで、自分で貯金するのが難しいという人は定期貯金をする事がオススメです。定期貯金とは満期まで貯金を続ける事で普通貯金よりも有利な金利で貯金が出来るものです。手数料も必要ないので手軽に利用出来るのが特徴です。では、定期貯金のメリットデメリットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

定期貯金のメリット

まず、メリットは金利が高い事です。自分が決めた満期までお金を自動的に預ける事が出来るのですが、満期までの期間が長いほど高金利になるので出来るだけ長い満期を設定しておくのが良いでしょう。また、一度預けた定期は基本的に満期まで預ける事になるので、貯金が自分で出来ない人にとってはもってこいです。

そして、最近では短期の定期貯金というのも増えてきて、年単位ではなく、数ヶ月という単位でも貯金出来る用になり、使い勝手が良くなりました。普通貯金のような感覚で利用でき、さらに高金利で運用出来るので自分の目的に応じて貯金する事が出来ます。数ヵ月後に旅行に行くために少しの間だけ貯金するなど好きなように満期が調整できるので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか!?

定期預金のデメリット

最大にデメリットは基本的に途中で解約が出来ない事です。定期貯金を利用したものの、何らかのトラブルがあり、途中でお金が必要になったとしても簡単に解約する事が出来ません。普通貯金ならいつでもお金を引き出すことが出来るのですが、定期貯金を途中で解約するときは手続きが必要になり、手間がかかります。

さらに、途中解約手数料は取られませんが、当初予定していた利息をもらう事が出来ず、「中途解約利率」が適用されます。ですので、基本的に途中解約すると得することはなくなってしまうので、気をつけましょう。

最近は銀行によって普通貯金金利を優遇するサービスが登場しています。例えば、無料の証券口座を開設するだけで普通貯金金利が大幅にアップしてくれるなど様々なサービスを行うようになりました。実はこのサービスは定期預金の金利よりも得なことが多いので注目が集まっています。

つまり、基本的に途中で解約できない定期貯金よりいつでもお金を引き出せる普通貯金の方がお得なる場合があります。それなら、普通貯金の方が良いという人は多いのではないでしょうか。基本的には、銀行のサービスによってどれを利用するか決めると良いです。

最後に

定期貯金のメリットデメリットを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?基本的に定期貯金は自分では貯金できない人が利用する事が多く、例えば、将来の結婚資金のためなど目標を持って利用する人がほとんどです。定期貯金は金利が高いほど特になるので、たくさんの銀行を調べてお得な貯金が出来る所を選ぶ事をオススメします。

また、様々なサービスも銀行によって行われているので、それも調べてみてどれが一番お得に利用できるかを見比べると良いです。今は銀行に預けてもなかなか良い金利をもらえない時代になりました。なので、出来るだけ、お得になるように利用しましょう。

スポンサーリンク