スポンサーリンク

J:COMにするかどうかはメリット、デメリットを見てからでも遅くはない

securedownload

j:comは電話、インターネット通信、動画配信等サービスをされていて、株式会社ジュピターテレコムが運営しています。 主幹となる電話サービスですが、これは月額で千三百円程度となっています。また、同社が提供している電話サービスですが、携帯電話にかける場合も通常の電話と比較すると料金負担が軽いとされています。
 
また、j:comですが、どういった魅力が在るのかを知る前に、デメリットとなるものは何かを把握した方がメリットとなるものを楽しめるといえるでしょう。

スポンサーリンク

j:comのデメリット

例えば、動画配信等のサービスといった単体でのサービスのみを利用する場合は料金が割高となるという事です。また、セットトップボックスという機具等が無い場合、CS放送等の録画ができないという事です。
そのほかj:comですが、これ自体はケーブルTVであり、利用できるエリアは限定されるというデメリットが在ります。また、生活者にとって都合が良いプランの加入ですが、最低でも2年間は加入しなければならないという制約が在ります。ただ、セットトップボックス等が無くても、地上デジタル放送の録画は可能であり、サービス単体での利用でない場合は得をするといえそうです。

j:comのメリット

生活者にとって得となるプラン等ですが、他社が提供するプラン等と比較すると料金面ではかなり安くなります。TVやインターネット、並びに電話といったサービスが一本にまとまっているのでかなり管理はし易いとされています。
 サービス利用ですが、設置工事は4日程度で終わるとされています。地上デジタル専用のアンテナを設置する必要が無く、地上デジタル放送が始まる前に設置されていたTVに専用チューナーを設置する事で利用ができるようになります。また、固定電話の番号はそのままにしておいて、基本料金等は固定電話のものよりも割安となるメリットが在ります。

 電話サービスですが、j:comの加入者同士であれば、国内通話が24時間、通話料が無料となっています。また、電話加入料は無料となっているので、これはかなり魅力的なサービスとされています。
 
続いてインターネットサービスですが、プロバイダー料金が無料となっています。また、サポート並びにセキュリティ料金及び初期設定の手数料が一切掛からないという、生活者の視点に立った「生活者応援サービス」となっています。通信速度ですが、割と速いので安心してインターネットを楽しめます。
TV視聴サービスですが、先述しましたが、アンテナ不要で設置が便利です。また、チャンネル数ですが、BSや地上デジタルを含めると70以上在るとされています。また、家庭内でビデオレンタルができるというサービスが在るので、店舗に行かなくても良いのでかなり手間が省けます。

インターネット利用時の料金

1メガから160メガまでの水準が在り、最低の場合は月額3千円程度であり最高の場合は月額で6千円となっています。料金面が気になる場合、jcomの自社サイトで料金表を確認できるので、この事は契約する前に知っておくべきでしょう。
j:com月額料金
また、TV視聴サービスに関してですが、料金は月額で5千円から6千円位となっています。TVサービスの料金に関しても、j:comサイトで案内されているのでリスク軽減ができるに違いありません。

スポンサーリンク