スカルプDの特徴やメリットを把握して育毛ケアに活用

2016年8月26日

N912_atamawokakimushiru_TP_V

薄毛や抜け毛改善の為に育毛シャンプーを利用する場合には、シャンプーの選択を行う必要があり、症状に合うシャンプーを選択する事が必要です。

症状改善に繋がるシャンプーを使わないと、どれだけ知名度が高くて有益な成分が入ったものでも効果を得られないですから、スカルプDのように効果が高いと有名なシャンプーを選択するにしても、まずは洗浄成分や配合成分を知ってから選択する事が望ましいと言えます。



スカルプDの成分は頭皮や毛髪に優しい

スカルプDには豆乳発酵液が含まれており、大豆イソフラボンが沢山含まれた成分として知られるものです。

他にも有益な主成分としてローヤルゼリー発酵液は頭皮角質に潤いやハリを与えてくれますし、頭皮環境改善に優れたものですから、男性ホルモンが原因の薄毛や抜け毛ではなく、頭皮環境悪化から来る薄毛症状に対して有効な傾向にあります。

AGAクリニックで活用されているシャンプーでもありますが、このシャンプ―自体に男性型脱毛症AGAを治療する効果があるのではなく、あくまで内服薬治療に加えて頭皮環境改善を促す効果があるものです。

AGAの症状として頭頂部の禿げや生え際後退等の特徴があり、こうした症状の時にスカルプDだけで改善させる事を期待するのではなく、あくまで頭皮環境を整えて毛髪成長を促す土台を作るものになります。

頭皮環境を正常化させるスカルプD

スカルプDは市販シャンプーで使用されている石油系界面活性剤ではなく、アミノ酸を利用していて頭皮や毛髪への刺激が少なく作られていますから、過剰な刺激を与えずに頭皮環境を整える働きに期待出来るシャンプーです。

刺激が強いシャンプーの場合は頭皮を保護する皮脂まで流してしまい、結果的に頭皮を荒らしてしまって、毛髪成長を阻害したり頭皮環境が悪化する事もありますが、スカルプDのようにアミノ酸系のシャンプーの場合は汚れ落としを行いながらも、必要な皮脂は残す事が出来ます。

頭皮も毛髪にもダメージを少なく洗浄出来るのはアミノ酸系シャンプーの利点でありますが、その分刺激が弱くて洗浄力が弱いといったデメリットもあり、スカルプDの場合はそうしたデメリット部分もフォローするアミノウォッシュと言われる洗浄成分を活用し、頭皮の保護力を保ちながらも確実に洗浄出来る利点があるものです。

石油由来成分のものはコストが安くて一見洗浄力の高さからもサッパリと洗いあがりますが、継続的に使い続けると皮膚細胞内に石油由来成分が入り込む影響からも、毛髪細胞の力を衰えさせて抜け毛リスクが高まる可能性があります。

スカルプDは植物由来の商品であり、コストが高いですが、洗浄力を保ちながらも頭皮環境に優しいという部分が大きな利点です。

頭皮環境を正常化させると、毛髪に栄養成分が巡りやすくなったり、シャンプーではなく育毛剤成分を浸透させる時にも有益であり、水分や皮脂バランスが整う事によって、頭皮の代謝や免疫力も高まります。

保湿能力も高いスカルプDですから、毛髪に潤いをもたらす効果にも期待出来ますし、パサついた毛髪を防げる効果にも期待出来る商品です。

結果的に頭皮環境が改善する事で育毛効果に期待出来る事になります。

スカルプD購入はどこで行うのか

公式サイトを経由して購入する事が有効であり、大手ショッピングサイト等でも購入が可能なものですが、公式サイトの場合は割引価格適用等の特典があり、定期購入を行う事で安く手に入れる事が可能です。

公式サイト:スカルプDのアンファーストア

少しでもコストを下げて使えた方が有効であり、こうしたシャンプーは継続使用によって効果に実感がありますから、使ってすぐに効果が無いからと諦めずに、数か月程使って経過を見る事も必要と言えます。