理容院、美容院にいくと必ず聞かれる「本日の髪型はどうなさいますか?」問題。私はこう答えています。

2017年10月11日

a0002_007469_m

去年の10月ぐらいから切ってなかった髪の毛ですが、つい最近切りました。

というのも私は内心は伸ばしたかったのですが、職場の規則上これ以上伸ばしたら注意されると思い、それなら注意される前に切ってしまえということで切りました(笑)

そして髪を切りに行く前にいつも考えることがあります。それは担当の方に「本日の髪型はどうなさいますか?と聞かれた時の返し方、答え方」です。

スポンサーリンク

返し方によって髪型は大いに変わる

理容院、美容院に行ってからどのような髪型にしようか考えるっていう方はあまりいないと思います。

ほとんどの方がどういう髪型にしようか考え、そして決めてから店に行くものです。

髪を切ってもらうからにはやはり、男性ならかっこよく、女性ならかわいく、仕上がっててほしいものですよね。

ただ言い方ひとつで髪型は大いに変わるということです。

自分のしたい髪型があるときは妥協しない

私は「前髪はこれぐらい、トップは2cm、横は・・・」と言うように詳しく理容師、美容師の方に伝えています。

また、ヘアカタログや、自分の好きな芸能人と同じ髪型にしたくて画像を理容師、美容師の方に見せるときもあります。

ちなみに私は中1からラルクアンシエルのボーカルのhydeが好きで、高校生の時とか美容院で担当の方に携帯の画像を見せて「こういう風にしてください」って言ってたこともありました。(笑)

自分のしたい髪型がよく分からない場合

「全体的に短く切ってください」がベストだと思います。後は担当の方がうまく切ってくれるはずです。

私はまだ言ったことがないのですが、「おすすめで切ってください」というフレーズ。ただこのフレーズには少しリスクがあります。それは担当の方がまだなりたての新人などの場合です。

ただ自分がどんな髪型でもいいのであれば、おすすめで切ってもらうっていうのもいいのではないでしょうか?

話しかけてこなくていいので職人さんには髪を粛々と切ってほしい

髪を切ってもらっている時に、いろいろ話しかけてくる理容師、美容師の方がいますが、私は職人さんには粛々と髪を切ってもらいたいのです。

話しかけられれば、話はしますけど私は苦手です(笑)別にスタッフと話すのが苦手とかではないのですが、なぜだか髪の毛を切ってもらっている時に話しかけられるのが苦手なのです。なので私は切ってもらっている間は目をつぶっています。

この切ってもらっているときに目をつぶるという行為は私にとって非常に心地がよいものなのです(笑)

スポンサーリンク