結婚式の費用は招待人数によって異なるということ

CDS_weddings_TP_V

やはり結婚をすると、結婚式をあげたいと凄く楽しみにしている女性は多くいるのではないでしょうか?

結婚式では自分の綺麗なウエディングドレスを着た姿をみんなに披露することが出来るのですから。

またいつもお世話になっている両親や親族、そして会社の上司や友人などを招待してもてなすこともできるので、結婚式という場を設けたいと考えているカップルは少なくありません。

でもその場合に一つ心配なのは、その費用のことではないでしょうか?

スポンサーリンク

結婚式にかかる費用は決して安くはない

よく広告や雑誌に「何名いくらから」というのが掲載されています。ただ必ずしもその料金で済むわけではなく、最低料金がその価格であり、それにどんどん加算されていくために結局費用が思いのほか掛かってしまったということも多いのです。

費用は招待する人数によって大きく変わってくる

結婚式でかかる費用とは会場のお金やウェルカムボード、ケーキ、写真、撮影など基本的にかかる費用は決まっています。

これらは人数に関係なくかかってくる費用ですね。またウエディングドレスをレンタルする費用、クリーニング代、写真の前撮り代、ブライダルエステなども含めると料金はどんどん加算されていきます。

招待人数によって異なる費用とは、招待状や食事、引き出物、席次表などでしょう。その中でも食事と引き出物に大きな費用がかかります。

食事はやはりコース料理が多く、引き出物もだいたいコースが決まっていますので、参加者の人数や予算に合わせて選んでいくことになります。

これらはだいたいのご祝儀の合計を見積もって決めることもできますが、せっかくの来客をしっかりもてなすことができるようなものであることが前提です。

結婚式にかかる費用は式場に関するものだけではない

遠くから来られる方には、お車代といって交通費を出すこともありますし、ホテルをとることもあります。これも一人、二人ではなく、複数人いたらけっこう大きな出費になりますね。

またスピーチを頼んだり、余興をしてくれた友人には、お礼の品を準備するなど何かと配慮が必要です。

これらのことをまとめると結婚式に関する費用は限度がないと言えるかもしれません。

全国平均の結婚式費用総額は約333.7万円、招待人数は約72人。

これはゼクシィの調べによるものです。個人的意見としてはやはりけっこう高いもんですね。

スポンサーリンク