退職してから転職するまでの約1ヵ月どのような生活を送ってきたのかを紹介します

2016年8月23日

Green16_tensyoku20141123163911_TP_V

考えて考えて某携帯ショップをやめたのが、去年の七月中旬。そして転職したのが去年の8月下旬。

やめてから転職するまでの約1ヵ月どのような出来事があったのか、どのような生活を送ってきたのか

需要がないかもしれないけど紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

たまっていた有休を消化

某S携帯ショップには二年間働いていました。その間一回しか有休は使ってなかったのでこの際やめる時に有休を使ってやろうと考えました。

期間としては約一ヵ月ぐらいでした。またこの頃は貯金がだいだい20万円ありました。

ただ一人暮らしをしていたので家賃やら、光熱費やら、電気代、水道代が諸々かかってくるので、そうのんびりと転職活動はできないなと思いました。

最初の何日間かはグータラ生活

転職先が見つかってない、貯金もわずかしかない。そんな状態でも、最初はグータラ生活をしていました。

でも楽しいのはその最初の何日間かだけです。

後は「はやく転職先を見つけなきゃヤバイ」という焦りの方がだんだん上回っていきました。そんな頃、前やめた会社から「離職票」が家に届きました。

失業保険を受け取るためにはこの離職票が必要なんです。

近くのハローワークに行く

失業保険の手続きにハローワークに行きました。ちなみにこの失業保険というものは誰でも受けれるというものではないのです。条件が何点かあるのです。

1:就職しようという意志がある。
2:就職活動を行っている。
3:離職の日以前の2年間に雇用保険の被保険者だった期間が12ヵ月以上あること。

ただ最後の3番に限っては特定受給資格者又は特定理由離職者については離職の日以前の1年間に被保険者期間が6ヵ月以上ある場合でも可能です。

離職理由で受給時期と金額が変わります

0I9A114915030133prezen_TP_V

退職すると「離職票」が貰えるのですが、この離職票に退職理由が書かれてあるのです。

リストラなどであれば、そんな長い期間待たずして受け取れるのですが、自己都合でやめてしまった場合だと原則3ヵ月は手当を受け取ることができません。

私の場合は自己都合退職だったので、原則3ヵ月は受け取れないのですが、別にそれほど長く転職活動をしている時間もないので、別にいっかと思いながら手続きは済ませました。

ただ早くに転職が決まった場合は「再就職手当」というものが受け取れるのです。

ハローワークのパソコンで求人検索

やはり接客、営業系の仕事がわんさかあります。看護系は主に資格が必要、とび職なども自分には向いていない。

そうとうこの求人検索にはやられました。

普通にスマホや自宅のパソコンからでも求人検索はできるのですが、なんか見にくいんですよね、私だけかもしれませんが。

なので私はハローワークに通っては求人検索をしてを繰り返していました。

そこでついにちょっと気になる求人があったので応募してみました。それは「プログラマー」です。

未経験者大歓迎というのをうたい文句に、さらに休みも多い、給料もそこそこ。またこの時ぐらいから私は自分のブログをワードプレスで立ち上げていたため、プログラムを覚えればさらにカスタマイズなどもしやすいのではないかという考えから応募することに決めました。

結果から言うと「落ちました」

面接と筆記試験がありました。面接はまずまずだったのですが筆記試験が悪かったせいか落ちてしまったのです。

まだプログラマーをあきらめきれない私は続いてジョブキタでまたプログラマーを応募しました。

同じく未経験者歓迎でこちらは面接だけでした。ただ大学中退の理由をことこまかに聞かれ惨敗してしましました。(笑)

やはり大学中退って面接の時には必ず聞かれる質問なので、それなりに面接官を納得させられる回答を用意しておくことが大事ですね。

転職活動は孤独との闘い

職がなかなか決まらなくだんだん焦ってきました。前の職場の人からは「仕事決まった?」と言われ、「いやまだです」と・・・何とも言えない敗北感と恥ずかしさがこみ上げてきてなんとしてもはやく就職しなきゃなっていう状態でした。

この際、プログラマー一点集中じゃなく違うところも受けてみよう。ということで、タウンワークで求人を探しました。

そしたら「スーパーのレジ打ち」の求人が。しかも長時間働ける人は社会保険に入ることもできるという。

すかさず電話をし、面接の日程を決め、本番当日。

もう落ちてたまるもんかと思いながら、本社の扉をあけ、面接担当の方と会い、面接開始!

基本的なこれは聞かれるだろうと言う質問は聞かれました。意外と面接はスムーズに終わり、会社を出るまでは下手なことはしないように心掛けていました。

何日か後、採用の電話が来て、ガッツポーズをしました。これで働けると!転職活動は孤独との闘いなので早く決めないと心が折れますね。

再就職手当の対象にならなかった

なぜかというと最初の一ヵ月はハローワークを通した求人などに応募しないといけないからです。二ヵ月目からはどこからの求人でも再就職手当の対象になるのですが。

私は一ヵ月目、ハローワークではなく、タウンワークから選んだ求人に応募したためかその再就職手当の対象にはならなかったのです。

スポンサーリンク