遅刻するということは相手の時間を奪っているということ、遅刻を徐々に減らしていく方法

LIG_h_agenttokeiwomiru_TP_V

何時にどこどこ集合と言ってもけっこうな頻度で遅刻してくる方っていますよね。たまーに遅刻をするのであればわかるんですが。

しかも遅刻する人ってたいてい同じ人なんですよね。

なぜそんなに遅刻が起こるのか考えてみました。

スポンサーリンク

時間にルーズ

「別に5分や10分ぐらいなら遅れてもいいや」って初めから思っているのかもしれません。

しかも相手が友達だった場合、謝ればなんとかなるさっていう考えもあるのかもしれません。

髪型に時間をかける

オシャレしたい気持ちはわかりますが、うまく髪型が決まらなく時間ぎりぎりまでセットをする。

ただ時間ぎりぎりなため、間に合うかわからないので走ってしまい先ほどセットした髪型が崩れるという本人にとって踏んだり蹴ったりなパターンがあります。

「まだ時間がある」と余裕をかます

準備万端だし、後は出るだけ。しかし今出ても、約束の時間までまだだからもう少し家にいよう。そうこれが落とし穴なんです。

まだ時間があるからと言って家でくつろぎすぎると外にでるのが億劫になってしまうのです。そして後一分、後一分と伸ばしに伸ばし、結局は時間ぎりぎりになって家を出るはめになってしまいます。

と、考えればまだいろいろ出そうですがこのぐらいにしておきます。

相手の時間を奪っているという感覚があまりないのかもしれません

遊びでも仕事でもあなたが5分遅刻をすれば、先に目的地に到着している人は5分間の時間が無駄になります。

時間泥棒にならないためにも時間に余裕を持って行動することが大切です。

遅刻を徐々に減らしていくには

まず相手の気持ちを考えましょう。やっぱり待ってる時間っていうのは退屈で嫌なものです。自分はきちんと時間通りに来てるのに、向こうは時間通りに来ていない。なんだか損した気持ちになります。

もし自分がされたら嫌ですよね。自分がされたら嫌なことは基本相手にもしない。

次にもし遅刻してしまったら、ペナルティとして相手に何かジュースでもいいのでおごるというような事をあらかじめ決めておきましょう。

そして最後に先ほども言いましたが時間に余裕を持って行動する。これが大事です。ぎりぎりで行動するから時間ぎりぎりに目的地に到着したり、少し遅れたりしてしまうのです。

ある程度時間に余裕を持てばそんな心配はしなくなるものです。

スポンサーリンク