試験前の「全然勉強していない」発言。なのに試験の点数が良い理由

PAK85_desk15215645_TP_V

学生の頃の試験期間シーズン、「おれ、全然勉強してない」と自慢げに言ってくる同級生が周りに何人かいました。

でも試験が終わり返却されたテスト用紙を見てみると、、、まあまあな点数だったり、良い点数だったり。

これはどういうことなのか、当時の私は「よく勉強してないのにそんな点数とれるな~すごいな~」と思っていましたが、実際は違うんですよね。

スポンサーリンク

実は勉強していた

そもそも学校の授業だけで点数が取れる天才クンはおいといて、たいがいの人ならば、やはり勉強しなければ良い点数は取れません。

なので、全然勉強していないと言ってる人も実は家の中や塾で勉強しちゃっているわけです。

なぜ勉強していないと言いたがるのか?

それはやはり「凄い」と思われたいからなのでしょう。

だって勉強しないで良い点数が取れるのですよ?周りの人に自慢できるじゃないですか!

それともう一点。全然勉強していないと言うことで、万が一試験の点数が悪くても「勉強していないから」という理由づけができるからです。

なので試験をやる前に、おれは全然勉強してないアピールをするのでしょう(笑)

間に受けないことが大事

全然勉強していないA君に点数負けた。自分は勉強してたのに、、、と悲観的になることはありません。

なぜならその人も実は勉強はしているからなのです。

してないしてないという人に限ってしてるものです。

なので、いちいちそういう発言を間に受けないことが大事なのです。

スポンサーリンク