貯金をすればするほど心に余裕ができます。大事なのは無理をしすぎないこと

2016年5月18日

PAK85_laladentakuOL20140321_TP_V11111

あなたは貯金をしていますか?

してる方はどのぐらいの額、貯金されてますか?

「なんで、そんな知らない人に貯金額を教えないといけないの??」

そりゃそうですよね、その通りです。(笑)

それがたとえ、知り合いだったとしてもリアルな貯金額は教えてくれないでしょう。

しかし、私ははっきり言えます(笑)

私の貯金額は「3万円」です。どうですか?めっちゃ少なくないですか?

びっくりですよ、ほんと。

スポンサーリンク

なぜこんなにも貯金額が少ないのか?

それはですね、はっきり言うと昔から夜の街で散財しまくっていたからなんです。しかもまだ二十歳になりたての頃からですよ。

一晩で一万や二万は当たり前です。給料が出たら「さぁ、すすきの行くか~!」が口癖でした。

まあ今でもすすきのは好きですが、、(笑)

ほんとこの生活を何年も続けてきたせいか全く貯金ができなかったのです。

当時も今も私はお金は使えば使うほど、入ってくると思っています。

ただ当時はお金の使い方が間違ってましたね。

20代中盤で結婚

結婚は30代になってからでいいやと思っていた私ですが、20代中盤で結婚をしました。

相手の両親に挨拶しに行った時は、就職の面接並みの緊張感だったことを覚えています。そして全然貯金がないのに、よく向こうの親は結婚を認めてくれたなと思いました。

さらにはもう何か月か後には子供も生まれます。お金がないのにさらにお金がなくなります。(笑)

愛はお金を上回りますが、結婚するときはある程度貯金がある状態で結婚した方が、お金がない状態で結婚するより少しか苦労しなくて済むかもしれません。

私の場合、もう結婚してて子供も何か月か後に生まれるのでこの先もっともっとお金が必要になります。

コツコツ貯金していくには

KAZ863_yuyakenogurade_TP_V

独身だったら別に自分の好き勝手していいですが、もう独身ではないのです。なので、今までのような生活を続けていくことは難しくなります。

支出を減らすこと

まず今一度、自分が何にお金を使っていたのか確認する。そして、無駄遣いをしている部分や削れそうな部分から削ります。

それこそ、私の場合、夜の街で散財することをまずやめることが一番効果的でしょう。

副業を試みる

支出を減らしつつ、さらに副業をすることでお金に少しか余裕ができます。お金の余裕は心の余裕に結びつきます。

貯金箱を利用する

これは現在進行形で、すでにもう貯金箱を利用しています。しかも3つあります。なぜ3つもあるのか?

それはですね、金種別に分けているのです。「お札用」1つと「小銭用」2つです。

小銭用の貯金箱の内訳は(100円、500円)用と(1円、5円、10円、50円)用です。

ちなみに、やはりお札用より小銭用の貯金箱の方が貯まるのがはやい傾向にあります。ただ貯まっていけばいくほど、どんどんその貯金箱が重くなっていくのがわかり、はやくその貯金箱の中を満杯にしたいという思いが強くなっていきます。

携帯電話のプランの見直しをはかる

現在どのプラン、どのオプションに入ってるか、確認をして使ってないオプションや違うプランの方がお得になる場合はプランを変更します。
オプションなどはだいたい月500円ぐらいのものが多く、使ってないオプションがあればあるほど、解除すれば月々携帯料金をかなり安くできます。なので今一度プランの見直しをオススメします。

貯金することに対して無理をしすぎない

自分の生活が苛酷になるような、例えば食費を物凄い削って夜だけ食べるとか、ガス代を浮かすためにシャワーしか浴びないとか、寒いのにストーブをたかないとかそういうことです。

そういうことをしすぎて、体が不調になったり、風邪を引いたりしたら元も子もありません。病院代とかもかかりますからね。

人間、体が資本です。

ちなみにだいたい月の貯金額は収入の約2割が妥当なところと言われています。

ということで、あまり無理をしないで、それを目安に楽しみながら貯金をしていきましょう。

スポンサーリンク