自分の家の中(部屋)が寒い場合の対処法

a0001_001751

冬の家の中、部屋の中の寒さといったらもう言葉になりません。家にもよると思いますが、特に私の家は壁が薄い分、余計寒いです。

部屋の中で息を吐くと、息が白くなります。作りたての温かいご飯もすぐに冷めてしまいます。

それぐらいの極寒なのです。さすが北海道です(笑)

ということで、今回は私がどうやってその寒さ対策をしているのか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ガスストーブをあまり使わず電気ストーブを使ってます

私は家の中で主に電気ストーブを活用しています。それはですね、独り暮らしを始めて一年目の冬。まだ電気ストーブも持ってない時です。

もう部屋の中が寒くて寒くてカスストーブを使ってたんですね。

そうしたら、翌月ガス代の請求が来ました。なんと一万円を超えていました。

私の家は都市ガスではなくてプロパンガスなのです。プロパンガスが高いのは聞いていましたが、正直ここまでだったとは思いませんでした。

それから、家電屋に行って電気ストーブを購入し、それ以来、ガスストーブはそこまで使わなくなりました。実際、電気ストーブの方がガスストーブより、月々安く済みますからね。

重ね着をする

これは定番です。

できるだけ重ね着をして、寒さをシャットアウトしてます。

これは部屋全体を温かくするというよりかは自分のみを温かくするといった方法です。

断熱シートを利用

断熱シートを利用するだけで、窓の部分が「二重窓」みたいな効果が発揮されます。ようするに外の寒い空気が窓を伝って部屋の中に入ってこないというのがメリットです。

また、結露対策にもなるので、結露がひどい私の家にはもってこいのアイテムです。

実家に帰ってみる

これは対策というか、もはや裏技です。なぜなら今の自分家より実家の方が暖かいということを知ってるからです。

しかも、実家にいた方が、電気代もガス代も節約になりますからね(笑)

そして自分家に帰りたいときに帰ります。自分家と実家の距離が近いっていう点。実家の方が自分家より暖かいという点。

この2点があるからこそ、できる裏技となっています。

以上、自分の家の中(部屋)が寒い場合の対処法を紹介しました。

スポンサーリンク