自分の部屋がゴミ屋敷にならないための片付け方法5選

あなたは部屋を掃除することが得意ですか?ほとんどの方が「いいえ、不得意です、もしくは普通です。」と答えるでしょう。

だって部屋を掃除するのってめんどくさいですもんね。ただずっとめんどくさがっていると、どんどん部屋が汚くなってしまいます。

汚くなればなるほど、片付ける量も多くなりますので、もっと片付ける気が失せてしまうかもしれません。

なので、普段から少しづつでもいいので片付けましょう。そうすれば、後で一気に片付けるということがなくなります。

スポンサーリンク

後でやろうと思わない

まずはコレです。「あと少ししたらやろう」「あとでやろう」と思えば思うほど段々とめんどくさくなっていきます。

そしてやっぱり明日やるかとなってしまいます。

そうならないためにも「やる!」と決めたら今やることをオススメします。

ゴミ箱の数を増やす

一か所にだけゴミ箱を置いていると、そこの部屋で出た鼻紙などのゴミはそのゴミ箱に入れればいいわけですが、違う部屋で出たゴミはわざわざそのゴミ箱が置いている部屋に行って捨てることになります。

それって少しめんどくさくないですか?ついついそこらへんの床にゴミをそのままにしたい衝動に駆られますよね。

しかしそれがゴミ屋敷になってしまう理由の一つです。そうならないために、その衝動に駆られないために、部屋ごとにゴミ箱を置きましょう。

ゴミの日を確認して前日の夜に出す

燃えるゴミが何曜日、ペットボトルが何曜日というように改めて確認しましょう。そして例えば、燃えるゴミが月曜日の場合、前日の日曜日の夜中にゴミを出しに行くのが、効果的です。なぜなら、当日寝坊してしまったとか、急いでてゴミの日の存在を忘れていたなどの失敗を事前に防ぐためです。

いらない物は処分する

これは当たり前なのですが、いざ捨てようとするとこれは後で必要になるのではないか、昔の思い出の物だからなどが心の中によぎりもったいないからと残しておくことがあります。

しかし、そのようなことばかりやっていると、年月が経つと同時に物が減らない、逆に増えていくばかりになってしまいます。

本当に必要な物だけ残し、後は捨てるという「捨てる勇気」を出してください。

好きな曲を聴きながら片付ける

部屋を片付けた結果、部屋がきれいになって嬉しい!心も晴れやかだ!という達成感はありますが、その過程、部屋を片付ける過程はつまらないものです。

ですからその過程も楽しむために、自分の好きな曲を聴きながら楽しみながら部屋を綺麗にしましょう。

スポンサーリンク