分譲マンションと賃貸マンションの違い

一見、同じように見えるマンションでも、その中には分譲のもの賃貸のものがあります。

大きな建物が分譲マンション。小さめで世帯数が少ないマンションが賃貸マンション。になっている事も多くなっていますが、実際そうであるとは限りません。

小さなマンションでも分譲マンションとして販売されている事も少なくないのです。

では分譲マンションと賃貸マンションでは何が、どう違ってくるのでしょうか?

スポンサーリンク

分譲マンションの場合

まず、分譲マンションのメリットには、「いずれ自分のものになる」といったメリットがあります。分譲ということで、その一室を購入する事になります。

そのため、初めは家賃同様、ローンという形で月々の支払いが発生してきます。しかし、そのローンが完済すればあとは、月々の支払いは必要なく住み続けることができるという事になるのです。

ただし、修繕積立金などの支払いは必要になってきます。

その他、リフォームなどの自由度も大きいのが分譲マンションのメリットの1つになっています。分譲マンションの場合、壁に穴を開けてはいけないなどに気を付ける必要は一切ありません、

また水回りや部屋自体のリフォームも自由に行うことが可能になってます。

賃貸マンションの場合

反対に賃貸マンションの場合、そのようなリフォームを原則行うことができません。そのため、自由度が低いと言えるかと思います。

また賃貸という事で、住み続ける限り一生家賃を払い続ける必要があります。とは、言っても先ほどの修繕積立金などは不要となっています。

マンションの劣化が激しい場合などは、自分のお金を使用することなく、昭善してもらうことが可能になっています。

また賃貸という事で、引っ越したいと思った際にすぐにでも引っ越すことができます。マンション自体のリフォームで自由に部屋を変えることができませんが、その分気軽に引っ越すことができるといったメリットがあります。

反対に分譲マンションの場合は、引っ越す際売却するのか?それとも賃貸として貸し出すのか?などを考える事が必要になってきます。

まとめ

このように、同じように見えるマンションでも、分譲マンションか賃貸マンションかによって、自由度を中心に異なってきます。

そのため、自分に適した住み方を考え、そのうえで分譲マンションにするのか?賃貸マンションにするのか?

考えたうえで結論を出すことが大切になってくると言えるのです。

スポンサーリンク