痩せるために私が行ってきたことを紹介

自分で自分を見た感じ、そこまで太ってないと思っていても周りから「あれ?少し太った?」と言われることがあります。
そんな太ったかなと思いつつ、職場での健康診断で血液を検査してもらったら、見事肝臓の数値が悪かったです。3桁までいってる数値もありました。
外見はそこまで太っているように見えなくても、体の中はそうでもなかったみたいです。

原因は「食べ過ぎ」によるものでした。正直食べ過ぎでこんなに悪くなるものなのかと驚きました。この状態が続くとさすがにまずいので、ここでようやくやせる気持ちになりました。

今では肝臓の数字はだいぶ下がり良好であります。そこで今回はどうやって肝臓の数値を下げて痩せたのか、紹介します。

スポンサーリンク

職場まで歩いていく

地下鉄などの交通機関を利用していたのですが、職場まで歩いていくことに変更しました。自宅から職場まで約2kmあるのでこれが適度な運動になりました。また今まで地下鉄代で一日400円ほど発生していたのですが、歩いていくことによりこの400円はまるまる浮くため、My貯金箱に入れています(笑)

腹八分目を意識する

好きなおかずの時なんてご飯3杯もおかわりしていた自分ですが、なるべく腹八分目で終わらすためにご飯は最初の一杯だけと決めていました。ご飯は炭水化物なので、取りすぎ注意です。当然おかずが多いとご飯もどんどんほしくなるので、おかずの量も減らして食べていました。

買い食いはしない

特に仕事帰りのコンビニでのお菓子とかジュースの誘惑はすごかったですね。なんならコンビニ行くなよと思いますが、行かざる理由が私にはあったのです。それは「ジャンプで連載してるワンピースを見るためです(笑)」だからそのワンピースを見たらすぐコンビニから出てきてましたね(笑)

スーパーでのレジ勤務

以前は某携帯ショップで主に座って接客していました。転職してスーパーのレジで働くようになってからは立って接客をしています。
ポイントは「座る」か「立つか」です。やっぱ座って仕事をしていると体力的に楽です。その点レジの場合、立って接客は当たり前。尚且つ常に動いているので、その分カロリーも大幅消費します。

まとめ

以上、この4点で私は肝臓の数値を下げることができました。やせる=自分との戦いです。意志が弱ければいろいろな誘惑に飲み込まれてしまうでしょう。そして私の「スーパーでのレジ勤務」みたいに、座って行う仕事よりも立って行う仕事の方が早く痩せられるかもしれません。

スポンサーリンク