貯金がない方に贈る今までより貯金がしやすくなる方法を紹介

2016年5月3日

a0002_006818_m

給料が出たらあればある分だけ使ってしまう。そういう人はいませんか?

まあ自分で稼いだお金なので、何に使うかは本人の自由です。ただ毎月給料日を待って、給料が出たらある分だけ使う。そしてお金がなくなる。給料日はやく来ないかなとまた思う。このようなループが続いたら将来が少し不安になってこないですか?

お金を何に使っているかにもよりますが、毎月お金を少しずつでも貯金していくことで、心にも余裕ができていきます。

スポンサーリンク

目標を設定する

例えば「1年で50万」とかそういう具体的な目標を設定するとやる気が起こるものです。1年は12ヵ月なので、約42000円を月々貯金していけば良いんだと明確になります。さらには「将来車を買うために」とか「旅行するために」など夢を設定することにより、やる気は倍増されます。

貯金箱を利用する

できれば1つの貯金箱ではなくて3つ貯金箱を用意しましょう。なぜ3つも??と思う方がいらっしゃると思います。
それはですね、お金を種類別に貯金するためです。
実は私も今現在実践しているんですが、3つの内訳は「1.5.10.50円用」「100.500円用」「1000.5000.10000円用」です。中は透明ではなくて、見えない仕様の方がいいです。見えないほうが、いくら貯まっているのだろうという楽しみがあるからです。そして段々貯金箱が重くなるにつれ、早く満杯にしたいという思いが強くなり、貯金スピードが加速します(笑)

お金を何に使っているか確認する

アナログ的に紙とペンで家計簿をつけるのもよし、また今やスマホのアプリで家計簿関連のアプリもあります。

例えばマネーフォワードというアプリです。

このアプリは銀行の引き落としやカードの明細を連携すると自動で食費や光熱費を分類してくれたり、グラフ化してくれます。

また買い物のレシートを写メするだけで自動でカテゴリー分類や同じくグラフ化してくれます。

そこから何に使いすぎてるかなど節約ポイントがわかります。

また私が思うけっこうもったいないのが、携帯代です。ショップで携帯を契約してから、そのまま何もしていないという方がけっこう多いのです。そういう方はプランの見直しをオススメします。利用していないオプションなどに加入していた場合、ぜひ解除してください。解除してその分を貯金にまわしましょう。オプションにもよりますが、だいたいオプション1つあたりの月額料金は500円ぐらいです。

そのほか日々の買い食いなどもしていませんか?たかだか100円ぐらいだからといっても毎日買い食いしていると、月になおして3000円もします。これは大きいですよ。ただ今すぐやめろと言っても不可能かもしれません。なので徐々に買い食いするのをやめていけばいいのです。コツとしてはコンビニとかに立ち寄らないこと。立ち寄ってしまうとついつい何か買ってしまいますからね。

定期預金を利用してみる

自分に甘くてどーも貯金ができない。そういう方は「定期預金」という方法もあります。普通預金と違って一定期間引き出せませんが普通預金より金利が高いです。

ただ注意が必要です。それは途中でお金が必要になり解約してしまった場合、ペナルティとして予定していた金利が大幅に下がってしまうのです。
ですから定期預金をするときは、自分の月々の生活レベルを見直して、毎月いくらあれば生活できるか計算してから行うことをオススメします。

貯金をする楽しさを味わう

貯金をしていくといずれ「楽しい」「快感」という気持ちになっていきます。それは段々とお金が貯まっていった時、設定した金額に到達した時です。そういうときは自分へのご褒美として、何かおいしいものでも食べて、また頑張っていきましょう!ただご褒美のしすぎだけは注意しましょう(笑)

スポンサーリンク

お金貯金

Posted by koba